車を買うときに必要な書類は7種類!軽自動車と普通車で用意する書類は違います。車を買うと決めたら忘れずに準備しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買う!と決断したら、必要な書類を準備しましょう!

必要なものは、軽自動車と普通車で違ってきます。

●普通車を購入すると決めたら用意するもの

  • 実印
  • 実印とは市区町村の役所に登録している印鑑の事です。
    実印の登録方法は最後にご紹介します!

  • 印鑑証明書
  • 実印を登録した市町村役場で、証明書を発行してもらいましょう。

  • 委任状
  • 車を購入すると、名義の登録が必要になります。(新車でも中古でも)
    そういった登録手続きを、あなたの代わりに販売店が行います、というものです。

    委任状に実印を押す際は、トラブルにならないよう
    しっかり説明を聞いてから押すようにしましょう。

    白紙の委任状に実印を求められることがありますが、
    正しい住所などを確実に記載する必要があり、
    実印だけもらって、書類の手続きは行政書士に行ってもらう場合が多いためです。

    怪しいと思う方も多いのですが、
    こういったケースは多いですよ!

    ただし!しっかり説明を受けるようにしてくださいね。

  • 保管場所証明申請書
  • 車庫証明書を発行するために必要となります。

    車を購入する場合は、保管場所の証明をしなければなりません。
    自分で申請することはもちろん、車販売店に任せることもできます。

    自分で申請する場合は2000円程度、(地域によってことなります)
    販売店に委任する場合は、15000円〜20000円程かかる場合が多いです。

    申請方法は後ほど説明いたします!

  • 保管場所使用承諾証明書
  • 駐車場を借りる場合に必要となります。

  • 保管場所使用証明書
  • 自宅の車庫と言った、自分の土地に保管する場合に必要な書類です。

  • 保管場所の所在地・配置図
  • 保管場所を図で書く書類です。

●軽自動車を買うと決めたら用意するもの

  • 住民票
  • 発行後3ヶ月以内の住民票が必要となります。

  • 認印
  • シャチハタ以外の印鑑を準備しましょう。
    実印は不要です。

  • 委任状
  • 車を購入すると、名義の登録などが必要です。
    必要な手続きを行ってもらうための書類です。

    トラブルにならないようしっかり説明を聞くようにしましょう。

●実印の登録方法
住民票を登録している市区町村に登録が必要となります。

実印は13.5~18mmの大きさで、基本的にフルネームとなります。

※女性は結婚で苗字が変わることもあるので、名前のみで登録することも可能です。

本人確認書類(顔写真付き)が必要になりますが、ない方は健康保険証でも可能です。

ただし、健康保険証の場合は登録に時間がかかるケースが多いです。
詳細は役所に相談してみてください。

登録料は300円となります。

●保管場所証明申請書の申請方法
警察署で申請します。
費用は2500円程度で、地域によって異なります。

交付までに1週間程かかります。

●まとめ
当日バタバタしないように、あらかじめ必要書類を確認しておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加