事故車を全損扱いにして保険会社からお金をもらうことは可能なの?!そのお金で修理をすれば得するのでは・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故車を購入してしまったため、
全損扱いにして修理金額をもらって売ってしまおう!と考えたことはありませんでしょうか?

実際のところ、保険金で修理して、売ることはできるのでしょうか?

ネット上では様々な見解がありますが、
色々な保険とゴチャゴチャになっているようですね。

今回は保険について考えてみます。

◯事故車の保険には「車両保険」と「対物保険」がある
まず、車両保険について説明しましょう。

車両保険とは、車の修理費を補償する保険のことです。

全損扱いになった場合、ほとんどの保険会社が、
全損車両の回収を申し出ます。

つまり、車が全損になった場合は、
保険会社が引き取ります、という契約になっているということです。

次に、対物保険について説明します。

対物保険とは事故を起こして、相手の車や外壁、
電柱などを壊してし待った場合に支払われる保険とのことです。

対物保険については、相手方に支払われるお金ですから
自分の車が全損になったとしてもなんら関係ありません。

もちろん、車を回収します、なんて言われることもありません。

◯今回の疑問で考えるべき保険は「車両保険」
今回の疑問は「購入した事故車を全損扱いにして、もらった保険金で修理をすることはできるか?」ということです。

結論から言うと、「できないことがほとんど」です。

まず、全損になるかどうか、という判断ですが、
全損になる基準は下記です。

経済的全損
→車の時価よりも修理代金の方が高くなるケース。

機能的全損
→事故前に戻すことができないケース。

今回の疑問では、「経済的全損」と判断されることが必要となりますね。

◯めでたく「全損」となった場合、どうなる?
前述にもありますが、全損と判定された場合、
多くの保険会社が、車を引き取ると言ってきます。

しっかり契約を確認してくださいね。

車を引き取る契約の場合は、残念ながら、車は手元に残りません。

もし車を引き取る契約でなかった場合、
修理代を支払ってもらえることはほとんどありません。

払ってもらえたとして、車の時価分しかもらえないことがほとんどでしょう。

保険屋からすれば、「時価20万円の車に100万円も払えるか!」というイメージです。

全損で修理代をもらうのはなかなか困難なようです。

保険会社に交渉しても、
「裁判してください」と言われることもあるようです。

保険会社が「裁判してください」というからには、
あなたが負ける事は目に見えています。

◯まとめ
事故車を全損にして修理して売ろう!という考えは通用しないようです。
世の中そんなに甘くありませんね。

保険の契約はしっかり目を通しておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加