ディーラーで事故車は売っている?事故を起こした車を「事故車」と言わないで販売するのは問題ないの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディーラーで事故車は売ってもいいの?
と思っている方も多いのではないでしょうか?

「事故車」と言われると、買ってもすぐに故障しそう、ということで、
積極的に買いたい!という方はあまりいないと思います。

「事故車はない」とうたっているディーラーも多いですが、
ディーラーでは事故車を売ってもいいのでしょうか。

●ディーラーは事故を起こした車を売ってもいいの?
結論は「売ってもいい」です。
事故を起こした車を販売してはいけない、という決まりはありません。

●事故を起こした車を「事故車」と言わずに販売したらどうなる?
ディーラーが、事故を起こした車を「事故車」と言わずに販売しても問題はありません。

※「事故車」の認識にもよります。※

車を売った人も、ディーラーも「事故を起こした車である」という告知義務はないのです。

ちょっと驚きですよね。

ただし、修復歴は告知義務がありますよ。

詳細はこちら。
事故車になる基準はなに?ちょっとでも修理してしまうと事故車になってしまうのか?その疑問にお答えします!

事故車を売っていても問題ないのです。

●事故を起こしていなくても、ちょっとでも修理したことがある車は「事故車」になるのか?
これは一概に「事故車にはなりません」とはいえません。

状況によっては「事故車」となる可能性があります。

一般的に自動車業界の人たちは「事故車」という言葉ではなく
「修復歴」という言葉を使用します。

修復歴とは車の骨組みを修復したことのある車のことです。
詳細はこちら。
事故車になる基準はなに?ちょっとでも修理してしまうと事故車になってしまうのか?その疑問にお答えします!

そのため、「修復歴あり=事故車」という判断をするのであれば、
車の骨格に関わる部分を修理したことがあるのであれば、
事故を起こしていようがいまいが、「事故車」となるのです。

逆に、車の骨格に関わる部分の修理をしていない場合は、
修復歴がない、という判断になります。

これが厄介で、たとえエンジンを交換していたとしても、
修復歴にはならず、告知義務がないのです。

私の友人に、高速道路で80キロで走っていた車が、
突然40キロまでしか出なくなった車がありました。

高速道路で突然スピードが落ちるって、
かなり危険ですよね。

修理に出し、みてもらっても、数カ月後にはやはりその現象が。
よくよく調べてみるとエンジンに問題があったようです。

エンジンについては修復歴にならないので、
ちょっとこわいです。

●まとめ
できれば事故車は買いたくありませんが、
ディーラーは事故車を販売することは可能です。

事故を起こした車かどうか?というのは告知義務がないので確認しにくい部分もありますが、
修復歴は必ず告知する義務があります。

修復歴を確認する他、エンジンなどの骨格部分以外に
修理した箇所はあるかどうか?ということをしっかり確認するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加