地域別の車事情コラム第21弾!福岡は田舎に行くの道が狭く、長崎は坂が多いので運転が上達する?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域別の車事情コラム第21弾は福岡と長崎。
九州の車事情はどうなっているのでしょうか。

◯福岡市街が運転しやすいが、田舎は道が狭いので要注意!

福岡県直方市の中心街と、そこから少し離れた田園地帯の車事情。

何年か前に中心街は道路工事があり、車線が多く車もそこまで多くないです。
事故が起きそうな雰囲気もなく、快適です。

ただ、そこから少し離れて田園地帯の路地に入ると車一台がぎりぎり通れる道路しかなく、
しかも周りが田んぼなので車が落ちそうになることもあり非常に注意が必要な所です。

電燈もほとんど無く、駐車スペースもないので仕事等で行く必要があるとき以外は可能な限り路地には入らないようにしています。

◯長崎は坂が多いので車や原付きバイクが必須!

長崎県は坂が多いため、自転車に乗る人や徒歩移動する人の割合は少なく、皆さん主に原付バイクや車を使用しています。

特に長崎市内の道路をスムーズに走れるような人は運転が上手だと言われています。

しかし、長崎県民は運転の技術が上手いとは決して言えません。
それは、国道へ合流するときに、あり得ない車間距離で合流する車が多いためです。

そのため、ちょっとした接触事故を目にすることが多いようです。
また、合流するときに長崎ナンバーの車は譲ることが少ないよう

また、長崎市内では、バスの本数が多いため、渋滞が頻発しています。

市内の中心部では路面電車が走っており、右折等がしにくい為、運転がしにくくなっています。

片側2車線ですが、右車線を走っているときに、左車線にバス、右側に路面電車となる機会も多々ありますので、
衝突しないようにいつも以上に気をつけて運転する必要があります。

◯まとめ
福岡は運転がしやすい地域のようですね!
ただし、田舎は道が狭いのでスピード注意です。

長崎は運転が荒い人が多いようなので、
他県の方が運転する時は気をつけた方が良さそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加