地域別の車事情コラム第12弾!古い街並みが多い京都は細い路地が多い!大学も多い京都の車事情とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史的建造物が多い京都。
大きい通りから路地に入るとかなり狭い道もあるようです。

今回は京都の車事情のお話です!

◯京都の路地は車がすれ違うのも困難?!
京都の大きい通りは複数車線なので、
かなりスピードを出して走る方も多いのですが、
ひとつ路地に入ると「歩行者ともすれ違えないような狭い道」が突然現れることが多いので、注意が必要です。

そのため、軽自動車を好む方も多いようです。

観光地近くの市営などの駐車場はすぐに一杯になるので、
実際にはそうした路地の奥にある100円パーキングなどに駐車する場面も多く、
一方通行に巻き込まれたり駐車場探しには難航することがしばしば。

京都観光は電車やバスが無難です。

大学がたくさんあるので、原付がちょこまか左から追い抜いて来たり、
バス路線も多いため大型バスに前後を挟まれたりすることもあるので注意が必要です。

◯北部は道路が広く雪が降る
北部地域では田園風景なども広がり、
道路も比較的広く整備されていますので
車のサイズでは特にこだわる必要がありません。

また、北部は積雪が多く、スタッドレスタイヤへの履き替えが必要になってきます。

関西とはいえ、日本海側は雪が降ります。

◯まとめ
京都は古い町並みの地域が多いため、細い路地がたくさんあります。
大きい車に乗っている方は運転が困難かも?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加